Climb Credit が HelloSign によってローンの承認スピードを 3 倍に

卒業式の角帽をかぶった女性のイラスト
319500013

Climb Credit 導入事例 | HelloSign

01
02
03

導入事例の詳細

Climb Credit

導入の目的
事例

Climb Credit は教育ローン会社です。販売拠点を持つ教育ローン会社として初めて、専門的な技能を教える教育機関と直接提携して学生(借入人)向けに資金を融資しています。同社のローン申請プロセスは当初、主に手動で行われており、印刷、署名、スキャン、ファクスといったワークフローが必要でした。ローンの承認に連帯保証人が必要となる場合もあるため、2 人の異なる当事者が同じ PDF に署名する必要があります。

さらに、Climb Credit が借入人である学生に提供していたフォームは、提供するローンの種類に応じて多少カスタマイズが可能でした。これは、学生データが PDF 上にしか存在せず、ローンの条件が変わった場合には借入人である学生が最初からワークフローをやり直す必要があることを意味していました。

「ローンの承認プロセスに必要な諸経費を削減したことで、より多くの商品を提供できるようになりました。新商品についてのドキュメントも、既存のものを流用できるようになっています。HelloSign のおかげで、毎回ゼロからドキュメントを作成する必要がなくなりました。」

- CTO アージュン・カナーン氏
ソリューション

Climb Credit にとって最も重要だったのは、同社のテクノロジー環境に簡単に統合でき、開発にかかる労力が比較的少なくて済むことでした。 

HelloSign API では、「電子署名ソリューションがどのようなものか、簡単にテストできました。開発にかかった時間は 1 日未満です。これは、私からすれば A+ の評価です」と CTO のアージュン・カナーン氏は述べています。

HelloSign のアプローチはモバイルフレンドリーであり、他のフォーム ファクターにも簡単に拡張できる点で競合製品とは一線を画していました。同社は DocuSign も検討しましたが、最終的に HelloSign を選びました。その理由は、使いやすさだけではありません。カナーン氏は「HelloSign の方が DocuSign よりも成長に対応しやすく、また、初めて電子署名を採用する当社にとって、より多くのサポートを提供してくれました。価格面でのニーズや今後の成長の余地などを理解し、当社の成長に合わせてプランを作ってくれました。スタートアップにとっては非常に使いやすいものでした」と語っています。

導入の効果

承認に要する時間が 3 分の 1 になり、離脱率が低下

デジタル トランザクション管理プロセスに HelloSign API を統合する以前は、ローンの承認に平均で 9 日を要していました。「現在では、担当者と学生のやり取りを含めて、2 日ほどで完了します。HelloSign の導入によって、当社のローン成立までのプロセスにかかる時間が 3 分の 1 になりました」とカナーン氏は述べています。

また、学生の離脱率も大きく低下しています。「Climb Credit に申し込んだ学生には、ローンが承認され次第、電子署名を介してローン契約書が送付されます。90 % 以上の学生は即座に決裁を得られます。つまり、ドキュメントにすぐに署名できるということです。これが、学生たちが当社を選ぶ大きな理由です」とカナーン氏は言います。

2017 年には収益が 70 % 増加

効率化された新しいローン申請ワークフローによって、Climb Credit は提供するローン商品の種類を増やすことが可能になりました。新しい商品ごとにゼロからドキュメントを作成するのではなく、既存のドキュメントをカスタマイズして利用できるようになったからです。

今後の展開

結果的に、これがビジネスを効率的に成長させることにつながり、2017 年には収益が 70 % 増加しました。「増収につながった要因はいくつかありますが、通常であれば数日かかるプロセスを数分で終わるプロセスに変えることができた点が大きく影響しているのは確かでしょう」とカナーン氏は言います。

運用コストの削減と運用効率の向上

HelloSign API の統合によって、同社が運営する学生ポータルのプロセスは大きく変わりました。今では、借入人の学生がポータル上のボタンをクリックするだけで、あらゆるローンの申請書にアクセスし、署名できます。「フォームの全フィールドが自動で検証されるため、社内で署名を確認すれば、それだけで準備が整ったことになります」とカナーン氏は言います。

1 人のスチューデント サクセス担当者は通常、数十件のローンを同時に担当しているため、検証の自動化によってローン 1 件 1 件の確認に費やしていた時間が大幅に短縮され、運用効率が向上しています。「借入人のドキュメント作成ワークフローを自動化したことによって、当社にとっての検証ワークフローもまた非常にシンプルになりました」とカナーン氏は述べています。

Climb Credit の次のステップ

2017 年末の時点で、Climb Credit の資金プールは、5 千万 US ドルの純年俸を学生に提供しています。今後は「専門的な技能を教える教育機関にとってナンバーワンの金融業者になり、学生が必要な教育を受けられるよう支援していきたいと考えています。今年は 70 % の成長が見込まれ、来年には倍増する見通しです。これだけの成長を果たすことができているのは、学生ローンの申請プロセスを効率化し、その結果として成長の機会を確実に追求できていることが大きな理由でしょう。」- CTO アージュン・カナーン氏

HelloSign についてお問い合わせください

HelloSign は、ビジネスにおいて法的拘束力がある電子署名を送信、受領、管理する最も簡単な方法です。業界をリードする当社の API について詳しくは、デベロッパー ドキュメントをご覧になるか、無料のデベロッパー アカウントを作成の上、無料の構築とテストをお試しください。また、最適な HelloSign 製品の提案をご希望の場合は、HelloSign の API チームによるデモをご依頼ください。ビジネスを効率化する方法をご案内いたします。

導入事例をダウンロード
Climb Credit のように成果を上げたいとお考えですか?
Climb Credit のように成果を上げたいとお考えですか?
HelloSign の活用方法
お問い合わせ
右矢印のアイコン

その他の導入事例

Climb Credit が HelloSign によってローンの承認スピードを 3 倍に

ローンの承認にかかる時間を短縮し、借入人の離脱率を低下させ、運用コストを削減

卒業式の角帽をかぶった女性のイラスト

ローンの承認にかかる時間を短縮し、借入人の離脱率を低下させ、運用コストを削減

網掛けの三角形網掛けの三角形

課題

Climb Credit は教育ローン会社です。販売拠点を持つ教育ローン会社として初めて、専門的な技能を教える教育機関と直接提携して学生(借入人)向けに資金を融資しています。同社のローン申請プロセスは当初、主に手動で行われており、印刷、署名、スキャン、ファクスといったワークフローが必要でした。ローンの承認に連帯保証人が必要となる場合もあるため、2 人の異なる当事者が同じ PDF に署名する必要があります。

さらに、Climb Credit が借入人である学生に提供していたフォームは、提供するローンの種類に応じて多少カスタマイズが可能でした。これは、学生データが PDF 上にしか存在せず、ローンの条件が変わった場合には借入人である学生が最初からワークフローをやり直す必要があることを意味していました。

網掛けの三角形お金と緑色の上向き矢印のアイコン

簡単

  • 説明
  • 理解と使用
  • 管理
70 %

2017 年の増収率

網掛けの三角形右方向に高速移動するドキュメントのアイコン

迅速

  • ドキュメントの署名の迅速化
  • レスポンス タイムの短縮
  • 署名ワークフローの透明性向上
3 倍

ローン承認までの時間を短縮

「ローンの承認プロセスに必要な諸経費を削減したことで、より多くの商品を提供できるようになりました。新商品についてのドキュメントも、既存のものを流用できるようになっています。HelloSign のおかげで、毎回ゼロからドキュメントを作成する必要がなくなりました。」

- CTO アージュン・カナーン氏

ソリューション

Climb Credit にとって最も重要だったのは、同社のテクノロジー環境に簡単に統合でき、開発にかかる労力が比較的少なくて済むことでした。 

HelloSign API では、「電子署名ソリューションがどのようなものか、簡単にテストできました。開発にかかった時間は 1 日未満です。これは、私からすれば A+ の評価です」と CTO のアージュン・カナーン氏は述べています。

HelloSign のアプローチはモバイルフレンドリーであり、他のフォーム ファクターにも簡単に拡張できる点で競合製品とは一線を画していました。同社は DocuSign も検討しましたが、最終的に HelloSign を選びました。その理由は、使いやすさだけではありません。カナーン氏は「HelloSign の方が DocuSign よりも成長に対応しやすく、また、初めて電子署名を採用する当社にとって、より多くのサポートを提供してくれました。価格面でのニーズや今後の成長の余地などを理解し、当社の成長に合わせてプランを作ってくれました。スタートアップにとっては非常に使いやすいものでした」と語っています。

網掛けの三角形網掛けの三角形
HelloSign API を統合した Pigeon Loans のワークフローを示す GIF

メリット

承認に要する時間が 3 分の 1 になり、離脱率が低下

デジタル トランザクション管理プロセスに HelloSign API を統合する以前は、ローンの承認に平均で 9 日を要していました。「現在では、担当者と学生のやり取りを含めて、2 日ほどで完了します。HelloSign の導入によって、当社のローン成立までのプロセスにかかる時間が 3 分の 1 になりました」とカナーン氏は述べています。

また、学生の離脱率も大きく低下しています。「Climb Credit に申し込んだ学生には、ローンが承認され次第、電子署名を介してローン契約書が送付されます。90 % 以上の学生は即座に決裁を得られます。つまり、ドキュメントにすぐに署名できるということです。これが、学生たちが当社を選ぶ大きな理由です」とカナーン氏は言います。

2017 年には収益が 70 % 増加

効率化された新しいローン申請ワークフローによって、Climb Credit は提供するローン商品の種類を増やすことが可能になりました。新しい商品ごとにゼロからドキュメントを作成するのではなく、既存のドキュメントをカスタマイズして利用できるようになったからです。

網掛けの三角形卒業式の角帽と卒業証書のアイコン

Climb Credit は、現代社会において高給とされる職業に求められるリソースや技能を提供する教育機関と提携しています。同社は、教育機関の理念と学生のキャリアや給与上の目標を一致させ、学生が教育を通じて人生を変えられるようにすることを目指しています。

網掛けの三角形雲に囲まれた超高層ビルのアイコン

創業:2014 年

本社所在地:ニューヨーク州ニューヨーク市

提携している学校数:70 以上

Climb を利用した学生の昇給率の中央値:66.7 %

結果的に、これがビジネスを効率的に成長させることにつながり、2017 年には収益が 70 % 増加しました。「増収につながった要因はいくつかありますが、通常であれば数日かかるプロセスを数分で終わるプロセスに変えることができた点が大きく影響しているのは確かでしょう」とカナーン氏は言います。

運用コストの削減と運用効率の向上

HelloSign API の統合によって、同社が運営する学生ポータルのプロセスは大きく変わりました。今では、借入人の学生がポータル上のボタンをクリックするだけで、あらゆるローンの申請書にアクセスし、署名できます。「フォームの全フィールドが自動で検証されるため、社内で署名を確認すれば、それだけで準備が整ったことになります」とカナーン氏は言います。

1 人のスチューデント サクセス担当者は通常、数十件のローンを同時に担当しているため、検証の自動化によってローン 1 件 1 件の確認に費やしていた時間が大幅に短縮され、運用効率が向上しています。「借入人のドキュメント作成ワークフローを自動化したことによって、当社にとっての検証ワークフローもまた非常にシンプルになりました」とカナーン氏は述べています。

Climb Credit の次のステップ

2017 年末の時点で、Climb Credit の資金プールは、5 千万 US ドルの純年俸を学生に提供しています。今後は「専門的な技能を教える教育機関にとってナンバーワンの金融業者になり、学生が必要な教育を受けられるよう支援していきたいと考えています。今年は 70 % の成長が見込まれ、来年には倍増する見通しです。これだけの成長を果たすことができているのは、学生ローンの申請プロセスを効率化し、その結果として成長の機会を確実に追求できていることが大きな理由でしょう。」- CTO アージュン・カナーン氏

HelloSign についてお問い合わせください

HelloSign は、ビジネスにおいて法的拘束力がある電子署名を送信、受領、管理する最も簡単な方法です。業界をリードする当社の API について詳しくは、デベロッパー ドキュメントをご覧になるか、無料のデベロッパー アカウントを作成の上、無料の構築とテストをお試しください。また、最適な HelloSign 製品の提案をご希望の場合は、HelloSign の API チームによるデモをご依頼ください。ビジネスを効率化する方法をご案内いたします。

Climb Credit のように成果を上げたいとお考えですか?