HelloSign 利用規約

掲載日:2019 年 8 月 7 日

発効日:2019 年 9 月 24 日

この HelloSign サービス規約(以下「本規約」または「本契約」)は、JN Projects, Inc. dba HelloSign(以下「HelloSign」)が提供する HelloSign のウェブサイトおよびサービス(以下、総称して「HelloSign サービス」という)へのアクセスおよびその利用に適用されます。お客様は、HelloSign プロパティへの訪問者(以下「サイト訪問者」)または、HelloSign サービスのアカウントを作成するか購入または使用する個人および法人またはそのいずれか(以下、総称して「お客様」という)とみなされることがあります。お客様およびサイト訪問者は、本規約の中で適宜「お客様」と称されることがあります。本規約は下記の改訂の項目で詳しく説明しているとおり、変更される場合がありますので、随時このページをご確認ください。HelloSign のプライバシー ポリシーでは、お客様の情報をどう収集するかについて説明し、利用目的に関する制限では、サービスを利用する場合のお客様の責任について概要を説明し、サービス固有の条件では、特定のサービスに適用される条件を記載しています。HelloSign サービスをご利用いただくことにより、お客様は HelloSign のプライバシー ポリシー利用目的に関する制限、およびサービス固有の条件について同意するものとします。

仲裁通知:本規約には、拘束力のある仲裁規定ならびに、以下に記載するとおり、陪審裁判および集団訴訟の放棄が記載されています。これらの項目をよくお読みください。


1.    HELLOSIGN サービスの概要

HelloSign は、電子ファクス、電子署名、ワークフローの自動化などの革新的なデジタル ソリューションを通じて、お客様が複雑な取引を合理化できる一連の製品およびサービスを提供します。HelloSign はまた、お客様がご自身のウェブサイト、アプリケーションその他のプロパティ(以下「カスタマー プロパティ」)の中で、統合されたファクス、署名またはワークフロー自動化のソリューションを構築できるアプリケーション プログラミング インターフェース(以下「API」)も提供します。

2.    サービス固有の条件

特定の HelloSign 製品には特定の条件(以下「サービス固有の条件」があり、現在こちらでご覧いただけます。特定の製品に適用されるサービス固有の条件と、本規約との間に矛盾が生じた場合、サービス固有の条件が優先されます。

3.    アカウントの登録と使用

  1. 3.1  お客様およびその認定ユーザー(以下に定義するとおり)は、発注および HelloSign サービスへのアクセスまたはその利用のため、HelloSign アカウントの登録が必要になることがあります。アカウント情報は正確、最新かつ完全でなければならず、HelloSign のプライバシー ポリシー(www.hellosign.com/privacy で閲覧可能)に準拠します。お客様は、HelloSign がメールまたは本サービスを通じて通知、声明その他の情報を送信できるよう、この情報を最新の状態に保つことに同意するものとします。お客様は、HelloSign サービスのパスワードやその他のアクセス資格情報(API トークンなど)を極秘情報として取り扱い、権限のない人物と共有しないでください。認定ユーザーがお客様のための業務を停止した場合、お客様は、該当する人物のアカウントおよび HelloSign サービスへのアクセスをただちに終了する必要があります。お客様は、ご自身およびご自身のユーザーのアカウント、パスワード、またはアクセス資格情報を使って行われたすべての行為に責任を負うものとします。ご自身のアカウントのセキュリティ違反または不正使用が発生した場合、お客様はただちに HelloSign に通知する必要があります。アカウントは、特定のお客様に付与され、他者と共有することはできません。本サイトおよび本サービスの利用は、18 歳以上であり、本規約に法的に同意できる方、また HelloSign の競合他社(または競合および類似またはそのいずれかの製品またはサービスを開発している者)でない方に限られます。またお客様は、ご自身の認定ユーザー(以下に定義するとおり)に対し、ご自身を代理して HelloSign サービスを利用し、これにアクセスすることを許可できます。
  2. 3.2   「認定ユーザー」は、本規約および適用される加入プラン(以下に定義するとおり)の規制に従う HelloSign サービスの利用をお客様によって登録および許可されている個人(たとえばお客様の従業員、下請業者、代理人)として定義されます。お客様は、ご自身の認定ユーザーが本規約を遵守し、お客様がご自身の認定ユーザーのすべての行為に責任を負うことを保証するものとします。

4.    使用権とアクセス権

  1. 4.1   限定ライセンス:本規約に従い、HelloSign はお客様に対し、本規約で明示的に許可されているご自身のビジネス目的のために HelloSign サービスを使用し、これにアクセスするための限定的、非独占的、譲渡不能のライセンスを付与します。お客様によるサービスの利用およびアクセスは、適用される注文書式、オンラインプラン、またはサービス固有の条件(有料であるか無料であるかを問わず、総称して「加入プラン」という)に記載される制限に従います。 
  2. 4.2   一般的な規制:お客様は以下のことを禁じられています(また、第三者に以下のことを許可してはなりません)。
       i.貸与、リース、コピー、譲渡、再販、サブライセンス、タイムシェア、またはその他の方法で第三者が HelloSign サービスにアクセスできるようにすること(認定ユーザー、またはサービス固有の条件に基づいて許可される場合を除く)。
       ii. HelloSign サービス(またはその一部)をお客様が所有および運営するサイト/アプリケーション以外、および、本規約で明示的に許可されている以外のサイト、製品またはサービスに組み込み、もしくはこれとともに使用するか、またはこれに提供すること。
       iii.HelloSign サービスのパフォーマンスに関する情報(HelloSign の秘密情報とみなされます)を公表すること。
       iv.HelloSign サービスまたはその一部のを変更するか、または派生著作物を作成すること。
       v. 適用法で明示的に許可され、HelloSign に事前通知を行った場合を除き、HelloSign サービスをリバース エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル、翻訳、その他ソースコード、基本アイデア、アルゴリズム、ファイル形式、または非公開の API を取得または取り出そうとすること。
       vi.HelloSign サービスのセキュリティ対策、レート制限または使用状況追跡(イベント追跡など)を中断または回避するか、イベントまたはトランザクションの送信を避けるため、その他発生する費用を回避するために HelloSign サービス(またはそのコンポーネント)を構成すること。
       vii. 本規約で許可されている場合を除き、HelloSign サービスの一部を配信すること。
       viii. 競合製品または競合サービスの構築や、その機能またはユーザー インターフェースのコピーを目的として、HelloSign サービスにアクセスすること。
       ix. HelloSign の書面による事前同意なくして、公開を意図した製品の評価、ベンチマーク、その他の比較分析の目的で HelloSign サービスを利用すること。
       x.HelloSign サービスから取得したレポートまたは出力など、HelloSign サービスに含まれる所有権表示その他の表示を削除または不明瞭にすること。
  3.  xi.  本サービスを違法もしくは誤解を招くような目的、または本規約に反する形態で使用すること、またはそのような使用を許可すること。
  4. 4.3   ベータ リリースと無料アクセス プラン:HelloSign はお客様に対し、HelloSign サービスを無料、試用版(以下「無料アクセス プラン」)、「アルファ」、「ベータ」、その他の初期段階の HelloSign サービス、統合、機能(以下「ベータ リリース」)の形態で提供することができ、お使いになるか否かはお客様の裁量によります。本項は、無料アクセス プランまたはベータ リリース(ベータ リリースが有料で提供されるか、またはお客様の加入プランに算入されている場合であっても)に適用され、本規約に反対の定めがある場合はこれに優先します。HelloSign は、無料アクセス プランまたはベータ リリースをお客様にご提供する際の裁量に当たり、誠実に努力することがあります。しかしながら、本規約内の他の免責事項および限定事項を制限することなく、お客様は、無料アクセス プランまたはベータ リリースがいかなる種類の保証、サポート、保守、保管、SLA または免責義務もなく、「現状有姿」かつ「提供可能な形のまま」で提供されることに同意します。ベータ リリースに関しては、お客様はさらに、ベータ リリースが完全ではなく、または完全に機能しない場合があること、および、バグやエラー、瑕疵その他の問題があるかもしれず、HelloSign はこれに責任を負わないことを了解し、これに同意するものとします。したがって、ベータ リリースの使用はお客様の単独の危険負担にて行ってください。HelloSign は、ベータ リリースの将来のバージョンが同じ商用その他の条件に基づいてリリースされるか入手可能であることを約束しません。HelloSign は、理由の如何を問わず、何らの責任も負うことなく、HelloSign の単独の裁量で、お客様の無料アクセス プランまたはベータ リリースの利用の権利を終了することができます。

5.    所有権とフィードバック

  1. 5.1   お客様のデータ:両当事者間で、お客様はご自身がHelloSign サービスにアップロードしたコンテンツおよびドキュメント(以下「お客様データ」)に関するすべての権利、権原および権益(知的財産を含む)(HelloSign の知的財産を除く)を保有します。お客様は本規約により、HelloSign サービスの提供に必要な範囲で、または本規約で別途許可されている範囲で、お客様データを収集、使用、コピー、保管、転送、変更および派生著作物を作成する非独占、全世界、ロイヤリティ無償の権利およびライセンスを HelloSign に付与します。お客様は HelloSign に対し、本規約および HelloSign プライバシー ポリシーに記載されるとおり、お客様データ(そこに含まれる秘密情報を含め)を利用し処理する権限を HelloSign に与え、それによって、お客様がコンテンツおよびドキュメントを閲覧、承認、または署名するよう勧誘した第三者(たとえば個人/法人)とともに HelloSign のサービスを使用することで示されるコンテンツおよびドキュメントを配信し、共有するなど(ただし、これに限定されない)が可能となります。このようなライセンスおよび許可は、当社の関連会社および当社が共同作業している認定された第三者にも及びます。
  2. 5.2   集計データ/匿名データ:お客様は、HelloSign が集計データまたは匿名データを生成する権利を有していること、および、集計データまたは匿名データが HelloSign に所有されており、本契約期間中および事後、HelloSign が業務上の目的でこれを使用できること(HelloSign の製品およびサービスの開発ならびにレポートその他資料の作成および配布を含み、これらに限定されない)に同意します。明確にするために付記すれば、HelloSign は、お客様、認定ユーザーまたはエンド ユーザーを特定せず、永続的または個人的な属性をすべて削除した非識別(匿名)形式でのみ、集計データまたは匿名データを外部に開示します。お客様は、HelloSign による集計データまたは匿名データの使用について責任を負いません。
  3. 5.3   HelloSign の知的財産:これは、HelloSign サービスへのアクセスおよびその使用に関する加入プラン契約です。お客様は、HelloSign サービスを使用するための限定的な権利のみを取得していること、および、「購入」、「販売」または類似の文言が使われていても、本規約に基づいてお客様(または認定ユーザーもしくはエンド ユーザー)に対し何らの所有権も移転しないことを了承するものとします。お客様は、HelloSign (およびそのサプライヤー)が、すべての HelloSign サービス、およびこれに関連するか、その基礎となるドキュメント、技術、コード、ノウハウ、ロゴ、テンプレートなど、他のサービスのサポートの一部として提供されるあらゆるもの、および、上記の更新版、改訂版または派生著作物(これらは HelloSign の秘密情報とみなされます)に関するすべての権利、権原および権益(すべての知的財産権を含む)を所有していること、および、HelloSign が本規約で明示的に付与していないライセンスを保有していることに同意します。該当するモバイル アプリケーションおよび API を除き、HelloSign サービスはオンラインのホスト型製品として提供されます。したがって、お客様は、ご自身が HelloSign サービスの背後にあるソフトウェアのコピーを取得する権利がないこと、および、HelloSign が自身の選択により、随時 HelloSign サービスの更新、バグ修正、変更または改善を行うことができることを了承し、これに同意します。
  4. 5.4   フィードバック:お客様が、HelloSign に提案、コメント、改善、情報、アイデアその他のフィードバックまたは関連する資料(以下、総称して「フィードバック」という)を提供しようとする場合、お客様は本規約により、知的財産その他に基づくいかなる義務、支払いまたは制限もなく、いかなる形式および形態でも、フィードバックを使用し、コピーし、開示し、ライセンスし、配布し、利用するための全世界、永続的、撤回不能、サブライセンス可能、ロイヤリティ無償の権利およびライセンスを HelloSign に付与します。本規約のいかなる定めも、フィードバックを組み込んでいるか否かを問わず、HelloSign が個別に製品を使用、開発、評価、販売する権利を制限しません。

6.    プライバシーとセキュリティ

  1. 6.1   HelloSign プライバシー ポリシー:お客様がご提供くださった情報または HelloSign が収集した情報は、本規約および HelloSign プライバシー ポリシー(www.hellosign.com/privacy で閲覧可能)に記載されているとおりに利用されます。HelloSign による情報の収集、利用および保管についての大切な内容が記載されているため、HelloSign プライバシー ポリシーをよくお読みください。
  2. 6.2   セキュリティ:HelloSign は、不正なアクセス、使用または改ざんから HelloSign のシステムを守るよう設計された合理的な技術および組織的な手段を講じることにより、お客様の情報を不正使用または開示から保護します。

7.    お客様の義務

  1. 7.1  お客様は、(i)ご自身のカスタマー プロパティに関する法的に適切なプライバシー ポリシーを保持し、必要なすべての開示を行うこと、(ii)本規約で企図された形態でお客様データその他の情報を収集し、使用し、開示するため、かつ、本規約で定める権利およびライセンスを HelloSign に付与するために必要なすべての権利、許可および認可を取得すること、(iii)HelloSign のその時点での利用目的に関する制限(https://www.hellosign.com/acceptable-use-policy で閲覧可能)に従って HelloSign サービスを利用すること、および(iv)HelloSign、HelloSign サービスまたは API が、第三者条項(オープン ソース ライセンス条項を含む)の対象となるような措置を講じないことに同意します。
  2. 7.2  お客様は、ご自身のカスタマー プロパティ、お客様データの収集、利用および開示が、知的財産、プライバシーおよびパブリシティ権を含む第三者の権利を侵害しないことを表明し保証します。お客様はさらに、HelloSign に提供された個人情報またはデータのお客様による使用が、適用されるすべてのデータ保護法、規則および法規に準拠していることを表明し保証します。お客様がお客様データに関連して削除要請または侵害通知を受け取った場合、速やかに(i)HelloSign サービスで関連項目の使用を停止し、かつ(ii)HelloSign に通知する必要があります。HelloSign がお客様データに関連して削除要請または侵害通知を受け取った場合、HelloSign は、自身のポリシーに従って対応し、次の措置についてお客様に通知し相談します。
  3. 7.3  電子署名の責任:お客様は、(i)HelloSign とお客様の間で、お客様は本サービスで使用されるドキュメントを含むすべてのお客様データの内容を単独で統制し責任を負うこと、(ii)ある種のドキュメント、合意書または契約は、一般的な電子署名の法(遺書、信託、裁判所命令または家族法など)から排除され、これらに特別な法規が適用される場合があること、(iii)お客様が本サービスで使用するドキュメント、合意書または契約が、電子署名に適切であると保証する単独の責任を負い、HelloSign はそのような判断または使用に責任を負わないこと、および(iv)消費者保護法または法規が、消費者を含む電子取引についての特別な要件を課す場合があり、お客様は、そうした法/法規のすべてを遵守する単独の責任を負い、HelloSign はそのような判断を行うことやその要件を満たすよう助力することに何らの義務も負わないことを了承し、これに同意します。お客様がエンド ユーザー/参加者/署名者の認証を実行できる API その他のサービスを使用している場合、お客様はそのような認証について単独で責任を負うものとします。

8.    支払い条件

  1. 8.1   加入プランHelloSign サービスの価格、機能およびオプションは、お客様がお選びになった加入プラン(使用料または追加料金を含む)によります。HelloSign は、お客様の特定の加入プランが無期限に提供されることを保証しません。HelloSign は、特定の加入プランに含まれる価格、機能またはオプションを予告なく変更する権利を有します。ただし、そうした変更は次に対象となる加入プランの契約期間まで有効になりません。
  2. 8.2   定額料金とアップグレード:お客様は加入プランに登録することにより、HelloSign がお客様の支払い方法(たとえば客様の加入プランに応じて月額、四半期、年払いなど)に対し、請求書なしで定期的に請求することを承認します。お客様は HelloSign に対し、該当する加入プランの料金、使用料または追加料金ならびに適用されるすべての税金および手数料について、ご自身の支払い方法(クレジットカードなど)への請求を明示的に承認します。かかる承認は、加入プランの契約期間および適用される更新期間の終了まで、または、お客様がご自身の加入プランをすべて解約するまで有効です。
  3. お客様がご自身の加入プランの使用制限を超過した場合、お客様は自動的に次に最も高い加入プランにアップグレードされ、かつ、お客様は、アップグレードされた加入プランに対して支払いを行うことを明示的に了承し、これに同意します。お客様が適用される加入プランの使用割り当て量をすべて使用しなかった場合でも、アップグレード料金および手数料はすべて払い戻し不能です。
  4. 8.3.   税金:HelloSign の手数料にはいかなる税金も含まれず、お客様は HelloSign の所得に基づく税金以外に、適用される売上税、使用税、VAT、GST、物品税、厳正徴収税または類似の税金または徴収税を支払う必要があります。お客様は、法の求めによる場合を除き、HelloSign への支払いから適用される税金を差し引きません。そのような控除が法により必要な場合、お客様は必要な控除および源泉徴収をすべて行った後で、HelloSign がそのような控除または源泉徴収が行われなかったとしたら受領したであろう金額と同額を受領し保持する(そのような責任額をまぬがれて)ために必要な支払金額を増額します。
  5. 8.4.   自動更新とトライアル版:お客様のアカウントが自動更新に設定されているか、トライアル期間であり、すでにそのサービスの支払い方法を HelloSign に提示済みである場合、ご自身の加入プランを解約する旨を HelloSign に通知しない限り、HelloSign はお客様に対し、トライアル終了または更新終了の際に自動的に請求することができます。
  6. 8.5.   発注書:お客様は、発注書または発注書番号の参照を必要とすることなく、定額料金を含むすべての未払い金額を支払うことに同意します。発注書が必要な場合、お客様は、その要件の30 日前までに速やかに HelloSign に通知し、両当事者は、かかる発注書番号の参照を含む請求手続きの実施について、誠意をもって共同で作業します。お客様は、発注書が管理目的のみのためであり、その発注書に記載される管理以外の条件(法、セキュリティ、プライバシーまたは財務の条件などを含み、これに限定されない)は、HelloSign サービスの購入または使用に適用されないことに同意します。
  7. 8.6.   払い戻し不可:加入プランの料金および使用料または超過料金(およびアップグレードのためのより高額の加入プランなど、サービスに関連するその他の料金)は、法の求めがある場合を除き、払い戻し不能であり、控除不能です。HelloSign の加入プランは解約可能であり、かかる解約は、お客様のその時点の加入プラン契約期間の終了時に有効となります(たとえば、有料の月間加入プランをご利用の場合、解約は翌月に有効となりますが、有料の年間加入プランをご利用の場合、解約は翌年に有効となります)。お客様の解約が有効になると、無料プランにダウングレードされ、加入プランの機能がなくなります。加入プランの料金の支払いを期限どおりに行わない場合、HelloSign はお客様のアカウントを一時停止する権利、または加入プランの機能を削除する権利を有します。
  1. 8.7.   遅延料金と回収費用:料金の遅延には、未払いの月間支払額の 1.5 %未満の額か、または法が認める最大額のいずれかのサービス料金が課される場合があります。お客様は HelloSign に対し、支払い期限後に未払いとなっている金額を回収するのに HelloSign が負担した費用または経費を補償することに同意します。理由の如何を問わず未払いとなっている金額に対し、HelloSign に起因する金額をお客様が相殺して控除することはできません。

9    期間と終了

  1. 9.1  期間:本規約は、HelloSign の加入プランの契約期間がすべて満了するか、本規約で明示的に認められているとおりに解除されるまで有効です。
  2. 9.2   加入プランの契約期間と更新:お客様は、加入プランの契約期間全体に適用される料金を支払うことに同意します。お客様は、第 9.4 条(正当事由による解除)で明示的に承認された場合を除き、加入プランの契約期間を解約または解除することはできません。該当する注文書式で加入プランの開始日が指定されていない場合、お客様が最初に該当する HelloSign サービスにアクセスしたときに加入プランが開始されます。各加入プランの契約期間は、(i)該当の注文書式で別途定められる場合、または(ii)現行の加入プランの契約期間終了の 30 日前までに、一方当事者が、更新しない旨を書面で通知した場合を除き、最初の加入プランに等しい次の継続期間に自動更新されます(たとえば、年間プランの場合、加入プランはさらに 12 か月間更新され、月間プランの場合はさらに 1 か月間更新されます)。加入プランの契約期間の更新、新規の注文書式または注文書式の変更にかかる料金は、HelloSign のその時点で適用される料金となります。
  3. 9.3   サービスの停止:HelloSign は、(i)お客様のアカウントが期限切れであるか、(ii)お客様がサービスの割り当て/サービス制限を超過している場合、お客様による HelloSign サービスへのアクセスを停止することがあります。HelloSign はまた、(a)お客様が本規約のいずれかに違反した場合、または(b)他のお客様もしくは第三者に対する損害もしくは責任が生じるのを防ぐため、または HelloSign サービスの安全性、安定性、可用性または完全性を守るために、お客様による HelloSign サービスへのアクセスを停止することが必要だと判断した場合、これを停止するか、またはお客様データを削除することがあります。HelloSign は、上記で認められた措置を取ることに一切の責任を負いません。疑義を避けるために付記すれば、お客様は本第 9.3 条に基づく停止期間中の料金の支払いに責任を負います。ただし、本規約が解除されない限り、お客様が停止を必要とした状態を解決したことを HelloSign が確認次第、HelloSign はお客様が HelloSign サービスへのアクセスを速やかに復元できるよう協力します。
  4. 9.4   正当事由による解除:各当事者は、一方当事者が(i)本規約の重大な違反(紛争の対象でない料金の未払いを含む)を、その違反の詳細を記した書面通知後 30 日以内に是正しない場合、(ii)継承人なく事業を停止した場合、または(iii)適用法で認められる場合に破産、管財人、信託証書、債権者との取り決め、和解もしくは同等の手続きの基で保護を求めているか、こうした手続きがかかる当事者に対して設定されている(かつ、事後 60 日以内に取り下げられない)場合、関連の注文書式を含む本規約を解除することができます。
  5. 9.5   終了の影響:本規約または注文書式が満了または解除された場合、(i)お客様のライセンス権は終了し、速やかに(a)該当の HelloSign サービスの利用を中止し、(b)HelloSign のコード、ドキュメント、パスワードまたはアクセス コード、その他、お客様が保有、保管もしくは管理している HelloSign の秘密情報のあらゆるコピーを削除(または HelloSign の要請によって返却しなければならず、かつ、(ii)該当する HelloSign サービスにあるお客様データへのアクセス権は中止され、HelloSign はお客様データを終了から 30 日後、いつでも削除することができます。HelloSign が第 9.4 条(正当事由による解除)に記載の正当事由により本規約を解除した場合、加入プランの契約期間の残存期間に対する支払いはただちに期限が到来するものとし、お客様はただちに支払う必要があります。本規約が排他的救済権を定めている場合を除き、解除または停止を含め本規約に基づくすべての救済権は累積的なものであり、各当事者が利用できる他の権利または救済権を排除するものではありません。
  6. 9.6   存続:以下の条項は、本規約の満了または解除の後も存続します:第 3 条(アカウントの登録と使用)、第 4.2 条(一般的な制限)、第 4.3 条(ベータ リリースと無料アクセス プラン)、第 5 条(所有権とフィードバック)、第 8 条(支払い条件)、第 9 条(期間と終了)、第 11 条(保証と否認)、第 12 条(免責)、第 13 条(責任制限)、第 14 条(サードパーティの製品と統合)および第 15 条(一般条項)。

10     秘密情報

  • 10.1  秘密情報 「秘密情報」とは、(a)HelloSign については HelloSign サービスおよびドキュメント、(b)お客様についてはお客様データ、(c)書面または口頭で開示され、開示の際に秘密または専有であることが指定され(かつ、口頭開示の場合は最初の開示から 30 日以内に書面にまとめられて受領者に配布され)、または、その情報の性質によって、明らかに開示者の秘密情報であることを受領者が理解できる情報、ならびに(d)当事者間に交わされた本規約の特定の条項、および、その改訂版および添付書を意味します。
  • 10.2 守秘義務:各当事者は(受領当事者として)、(i)本規約で認められている場合を除き、他方当事者の秘密情報を秘密に保持し、第三者に開示せず、(iii)本規約に基づく自身の義務を履行し権利を行使するためにのみ、他方当事者の秘密情報を利用しなければなりません。各当事者は、合法的に知る必要がある自身および自身の関連会社の従業員、代理人または下請け業者(HelloSign については、本規約に言及される本サービスの提供および下請人との共有を含む)に対し他方当事者の秘密情報を共有することができますが、ただし、かかる当事者は、受領当事者が本第 10 条の遵守すること、および、かかる受領者が本規約以上の保護性を持つ守秘義務に拘束されることを条件とします。
  • 10.3 除外:これらの守秘義務は、(i)受領当事者の過失によらず、現在または未来において公に知るところとなるか、(ii)受領当事者が守秘義務を受領する前に知っていたか、(iii)受領当事者が守秘義務に違反することなく第三者から正当に取得したか、または、(iv)受領当事者が、開示当事者の秘密情報を使用せずに独立して開発した情報には適用されません(かつ、これらは秘密情報に含まれません)。各当事者はまた、法または裁判所命令に要求される範囲で他方当事者の秘密情報を開示することができます。ただし、事前に通知し(法で認められる場合)、かつ他方当事者がその情報の秘密の取り扱いを受けられるようにするための努力に協力します。
  • 10.4 救済権:両当事者は、秘密情報の開示が重大な違反であり、損害賠償のみでは救済が不十分となる可能性があること、したがって、本第 10 条の違反により、各当事者は他方当事者に対し、法の定めによって有する他の救済権に加えて、適切な衡平法による救済権を求める権利を有することを了承します。

11   保証と否認

HelloSign サービス、ドキュメントおよびサイトはすべて、「現状有姿」または「提供可能な形のまま」で提供されます。HelloSign およびそのサプライヤーは、商業性、権原、特定目的への適合性または非侵害を含め、ただし、これに限定されずに、明示的であれ黙示的であれ、制定法に基づくものであるか否かを問わず、いかなる保証も行いません。HelloSign は、HelloSign サービスがお客様の要求または期待に応えるものであること、お客様のデータが正確、完全、もしくは損失なく保たれること、または、HelloSign サービスが時宜を得ていること、中断されず、もしくはエラーがないことを表明、保証または補償しません。HelloSign は、セキュリティ対策にエラーがないことを保証せず、その合理的な制御を越えた不正アクセスに対し責任または義務を負いません。HelloSign は、いかなるカスタマー プロパティ、お客様データ、サードパーティの製品、サードパーティのコンテンツ、または HelloSign 以外のサービス(これらの品目に起因する遅延、干渉、転送エラー、セキュリティ障害その他の問題を含む)、本規約によって承認されるお客様データの収集、利用および開示について、いかなる形態でも責任または義務を負いません。本第 11 条の否認は、適用法で認められる最大範囲に適用されます。お客様およびサイト訪問者は、制定法に基づく他の権利を有する場合があります。ただし、適用法に基づいて制定法上必要な保証は、もしこれが存在する場合は、法によって認められる最短期間かつ最大範囲に限定されます。

12   免責義務

  1. 12.1   お客様は、(a)お客様によるサイトへのアクセスおよびその利用、(b)適宜、お客様またはその認定ユーザーによる本規約の違反、(c)お客様による個人または法人の知的財産その他の権利の侵害、(d)HelloSign が処理したすべてのお客様データの性質および内容、または、(e)お客様が購入もしくは取得した製品もしくはサービスに起因するか関連するあらゆる第三者からの請求、責任額、損害賠償額および費用(弁護士費用を含むが、これに限定されない)から、HelloSign、HelloSign の関連会社、役員、取締役、従業員、サプライヤー、顧問および代理人を防御、免責および補償することに同意します。
  2. 12.2   HelloSign は、お客様の事前同意なく、HelloSign に提起されたあらゆる請求または訴因を解決し、和解し、かつ支払う単独の権利を有しています。HelloSign は、お客様が HelloSign を免責する必要がある事項について、お客様の費用負担で単独で防御および管理を引き受ける権利を有し、かつお客様は、かかる請求に対する HelloSign の防御に協力することに同意します。お客様は、HelloSign が被告となっているか、お客様が免責義務を負っているか、またはその両方である事項を、HelloSign の書面による事前同意なく、解決しないことに同意します。HelloSign は、そのような請求、訴訟または法的手続きに気づいた場合、お客様に通知するよう合理的な努力を用います。

13    責任制限

  1. 13.1   結果的損害の否認:適用法で認められる最大限の範囲において、HelloSign およびそのサプライヤーは、利用機会の逸失、データの損失または不正確性、事業の中断、逸失利益、遅延コスト、のれんの損失、または間接的、特別、付随的、相殺、依存的もしくは結果的な損害について、これがいかなる種類であれ、何に起因するものであれ、事前にその損害の可能性について知らされていた場合であっても、何らの責任も負いません。
  2. 13.2   損害額の上限:HelloSign およびそのサプライヤーの総責任額は、HelloSign サービスまたは関連のサービスに関して、請求前の 12 か月間にお客様から HelloSign に支払われた累積額を超えません。無料アクセス プランまたはベータ リリースに関して、HelloSign の総責任額は、累積で 50 米ドル($50 US)を超えません。
  3. 13.3   除外:上記の定めにかかわらず、本第 13 条の制限は、詐欺行為または一方当事者の過失による場合の人の死もしくは怪我に対する責任を除外するものではありません。さらに、一部の管轄地では本第 13 条の責任制限の一部が認められない場合があります。こうした法のいずれかが本規約に適用されることがわかった場合、本第13 条は、法によって認められる最大範囲で適用されます。
  4. 13.4   本質的な目的の未達:各当事者は、本第 13 条が両当事者間の取引および合理的な危険負担の基盤であり、責任理論(契約、不法行為、厳格責任その他)にかかわらず、本規約の限定的な救済権が、その本質的な目的を達成しないことが判明したとしても、本規約に起因するか関連するいかなる請求、HelloSign サービスまたは関連のサービスの後も存続し、適用されることを了承し、これに同意します。

14.    サードパーティの製品とコンテンツ

HelloSign または第三者は、HelloSign の管理を超えた他のサードパーティのウェブサイト、サービスまたはリソースへのリンクを提供することがあります。HelloSign は、かかるサードパーティの製品またはコンテンツに責任を負いません。HelloSign は、リンクが提供されるサードパーティの製品またはコンテンツの品質、適合性、機能または合法性について何らの表明または保証もせず、お客様は本規約により、これに関連して HelloSign に行う可能性のある請求について権利を放棄します。お客様は、HelloSign がかかる取引の結果として、またはそのようなサードパーティの製品またはサードパーティのコンテンツの存在の結果として生じたいかなる種類の損失または損害についても責任を負わないことに同意します。

15. 一般条項

  1. 15.1   譲渡:本規約は各当事者の認められた継承者および譲受人の利益となるよう拘束力を有し、適用されます。両当事者は、他方当事者の書面による事前同意なくして本規約を譲渡しないものとしますが、ただし、HelloSign は、関連会社に対し、または、合併、再編、買収その他、自身の資産もしくは投票権付き証券のすべてまたは実質的にすべての移転に関連して、同意なく本規約を譲渡することができます。本第 15.1 条に基づいて明示的に承認されるものを除き、本規約を譲渡または移転する試みは無効となります。
  2. 15.2   通知:本規約に基づく通知または通信は書面によるものでなければなりません。お客様が HelloSign に対し、本規約に基づく通知(違反通知を含む)を送付する場合、legal@hellosign.com 宛ての書面を英語で作成し、件名欄に「Attention: Legal Department」と記入して送付する必要があります。HelloSign は、お客様のアカウントにメールで、または HelloSign の選択によってお客様の最新の住所に郵送で通知する場合があります。HelloSign はまた、HelloSign サ―ビスに関する業務通知その他ビジネス関連の通知を、HelloSign ウェブサイトまたは HelloSign サービスに目立つように掲載することがあります。各当事者は電子通知の受領に同意します。HelloSign は、お客様またはそのネットワーク プロバイダーがメールに適用する自動フィルタリングに関して責任を負いません。
  3. 15.3   広告:該当の注文書式に別途明記されない限り、HelloSignは、HelloSign のウェブサイトその他販売資料でお客様を特定するようなお客様の名前、ロゴおよびマークを使用しません。
  4. 15.4   下請け業者:HelloSign は下請け業者を使役することがあり、HelloSign サービスおよび関連のサービスを提供するために HelloSign に付与された権利を下請け業者に行使させることがあります。かかる下請け業者には、一例として HelloSign のホスト サービスやメール プロバイダーが該当します。ただし、本規約のすべての条件に従って、HelloSign は、(i)自身の下請け業者が本規約の条件に従うこと、および、(ii)本規約に基づいて必要な場合、HelloSign サービスのパフォーマンス全般に責任を負います。
  5. 15.5   召喚状:本規約のいかなる定めも、HelloSign が法、召喚状または裁判所命令に求められる範囲でお客様データを開示することを妨げるものではありません。ただし HelloSign は、そうするよう許可された場合にお客様に通知するよう誠実に努力します。
  6. 15.6   独立契約者:本規約の当事者は独立した契約者であり、本規約は共同事業者、合弁事業、雇用、フランチャイズまたは代理人の関係を構成しません。両当事者は、他方当事者の書面による事前同意なく、他方当事者を拘束し、権限を有さず、他方当事者を代理して義務を負う権限を有しません。非当事者は本規約から利益を得ず、本規約を執行することはできません。本規約に第三者受益はありません。お客様は、HelloSign の書面による事前許可なく、ご自身が HelloSign の代理人であるか、その他いかなる形態においても HelloSign を拘束し、もしくは義務を負わせる権限を有していることを表明してはなりません。
  7. 15.7   不可抗力:両当事者は、ストライキ、封鎖、戦争、テロ行為、暴動、自然災害、電力もしくは通信もしくはデータ ネットワークもしくはサービスの障害または低下、または政府行為など、自身の合理的な制御を超えた事由によって、本規約に基づく自身の義務の遅延または不履行が起きた場合、かかる遅延または不履行に責任を負いません。
  8. 15.8   輸出規制:お客様は、HelloSign サービス、ドキュメント、ウェブサイトならびに関連するすべての製品、情報、技術およびソフトウェアが、米国その他の管轄地の輸出規制法および法規(米国輸出管理法、米国商務省外国資産管理局(OFAC)の制裁規制を含むが、これに限定されない)の対象であることを了承します。お客様は、HelloSign サービスの使用に関して必要な輸出入許可を取得する責任を負います。お客様は、ご自身、その関連会社、およびその認定ユーザーが、米国政府の禁止もしくは制限者リストに載っていないこと、または米国政府の禁輸措置対象国、または米国政府によって「テロ支援国家」に指定されている国に所在していないこと(またはその国籍を有していないこと)を表明し保証します。お客様は、米国の輸出禁止、制限または規制に違反して HelloSign にアクセスし、またはこれを使用してはなりません。
  9. 15.9   強制的仲裁条項、集団訴訟の権利放棄:お客様が米国居住者である場合、お客様は強制的仲裁条項に従うことに同意するものとします。
  10.      仲裁合意:お客様と HelloSign は、下記の仲裁合意の例外に該当する場合を除き、最終的かつ拘束力のある単独の仲裁者による仲裁を通じて、本規約または本サービスに関与するあらゆる申し立てを解決することに同意するものとします。これには、強制可能性、取消可能性、有効性を含む、本「強制的仲裁条項」の解釈や適用に起因または関連する争議も含まれます。
  11.      仲裁合意のオプトアウト:お客様は、最初にアカウントを登録してから 30 日以内に legal@hellosign.com 宛てに連絡することにより、この仲裁合意を拒否することができます。
  12.      仲裁手続きと料金:米国仲裁協会(AAA)は、商業仲裁規則および消費者関連争議における補足規則に従って当該仲裁を処理します。仲裁はお客様の居住地または勤務地である米国の郡、カリフォルニア州サンフランシスコまたは HelloSign が同意する場所で行われます。AAA による規定がすべての仲裁費用を管理します。
  13.      仲裁合意における例外:カリフォルニア州サンフランシスコまたはお客様の居住地または勤務地である米国の郡内の管轄による少額裁判に該当する場合、お客様もしくは HelloSign が申し立てを主張することができます。本サービスの不正使用または乱用を阻止する場合、もしくは知的所有権の侵害(例:商標、企業秘密、著作権、特許権など)を阻止するための差し止めによる救済に限り、当事者の一方は、仲裁や非公式な和解を試みずに訴訟を起こすことができます。お客様またはお客様の申し立てにおいて仲裁合意が該当しない場合は、お客様は申し立てを解決するための司法手続きが、カリフォルニア州サンフランシスコ郡の州立裁判所もしくは連邦裁判所で行われることに同意します。
  14.      集団訴訟の否定:お客様と HelloSign 間の争議は個人的なレベルで HelloSign と解決されるものとし、お客様は、提訴人もしくは集団訴訟の原告または代表訴訟人として申し立てをすることはできないものとします。集団での仲裁、集団訴訟、私的司法長官訴訟または他の仲裁との合同訴訟は認められていません。この条項に法的強制力がないと判断された場合、この「強制的仲裁条項」セクションの全体が無効とみなされます。
  15. 15.10   改訂、権利放棄:本規約に対する変更または改訂は、書面によるものとし、各当事者の権限を有する代表者が実施するものとします。ただし、お客様の加入プランの契約期間中に、HelloSign が本規約または該当のサービス固有の条件を変更する場合、変更版は、お客様の次の加入プラン更新時に有効になります。さらに、(a)HelloSign が、新しい条件のオプトイン承認を必要とする新製品またはオプション機能を立ち上げた場合、これらの条件はお客様の承認時または利用時に適用され、(b)無料アクセス プランに対しては、条件の変更はただちに有効となり、かつ、(c)加入プランの契約期間中、HelloSign は、HelloSign のセキュリティ ページ、プライバシー ポリシー、利用目的に関する制限、およびサービス固有の条件を随時更新して、プロセスの改善または実務の変更を反映することができ、かかる変更は、これが加入プラン契約期間中のお客様の権利を実質的に減少させず、お客様の義務を実質的に追加しない限り、掲載日から 30 日以内に有効となります。HelloSign のドキュメントはオンラインで入手可能であり、常に改善され向上しており、その結果として、加入プランの契約期間中、HelloSign は関連する HelloSign サービスにベスト プラクティスを反映するようにドキュメントを更新することがあります。ただし、かかる変更がお客様の権利を実質的に減少させ、またはお客様の義務を実質的に生じさせないことを条件とします。本規約と注文書式との間に矛盾が生じた場合、別途明記されていない限り、本規約が優先されます。本規約に基づく権利の執行または行使を行うこと、または行わないことは何らの権利放棄も暗示しません。権利放棄は書面で行われ、権利を放棄する当事者の権限を有する代表者が実施するものとします。お客様または HelloSign による本規約のいずれかの条項の違反に対する権利放棄は、他の違反に対する権利を放棄するものではありません。本規約の一方当事者が、本規約に従う契約または義務の厳格な履行を主張しないことは、当該当事者が将来的に厳格な遵守を要求する権利を放棄するものではなく、本規約を改訂するものと解釈されるものではありません。
  16. 15.11   可分性:本規約のいずれかの条項が、管轄権を有する裁判所によって執行不能または無効であると判明した場合、かかる条項は、本規約がそれ以外は有効となるように必要な最小限の範囲に制限されます。
  17. 15.1   第三者受益の否定:本規約のいかなる定めも、第三者に本規約の条項を執行する権利を許諾するものではありません。お客様は、各注文書式がその注文書式でお客様として特定された法人(単数であるか複数であるかを問わず)による使用のみを許可し、お客様の関連会社は許可しないことを了承します。
  18. 15.13   完全合意:本規約は、本規約の主題に関連する両当事者の完全かつ排他的な理解を表しています。本規約は、HelloSign サービス、または、本規約の対象であるその他の主題に関する従前または同時のすべての口頭または書面による連絡、提案および表明に優先します。物品売買契約に関する国際連合条約の条項は、本規約に適用されません。お客様から提供される条件(お客様が使用する発注書その他のビジネス書式の一部としてなど)は、管理目的のためのみであり、法的効力はありません。
  19. 15.14   準拠法と裁判地:本規約は、あらゆる点で米国カリフォルニア州の現地法に従って判断され、解釈され、執行され、これに反する法の選択規則は参照しません。両当事者は、米国カリフォルニア州サンフランシスコに所在の連邦または州立の管轄裁判所の専属管轄権および裁判地に従うことに同意します。
  20. 15.15   言語と翻訳:HelloSign は、本規約または他の規約もしくはポリシーの翻訳を提供することがあります。翻訳は、情報としての目的で提供され、翻訳版と英語版との間に不一致または矛盾がある場合は、英語版が優先されます。
  21. 15.16   HelloSign へのお問い合わせ方法:本規約についてご質問がある場合は、legal@hellosign.com までご連絡ください。