サービス固有の条件

投稿日:2020 年 5 月 19 日

発効日:2020 年 6 月 18 日

本サービス スケジュールに別段の定めがない限り、大文字の用語は本規約(https://www.hellosign.com/terms で閲覧可能)およびプライバシー ポリシー(https://www.hellosign.com/privacy で閲覧可能)に記載されているものと同じ意味を有します。

HELLOSIGN(エンド ユーザーおよびウェブアプリ)

  1. 1.   サービスの説明:HelloSign は、お客様がドキュメントの表示、配信、承認、保管、電子署名を行うための機能を有する電子署名サービスです。
  2. 2.   認証:HelloSign を使用して文書に署名する人は、HelloSign アカウントを持っているか、各自のメール アカウントで署名依頼を受領している必要があります。
  3. 3.   監査証跡:HelloSign で完了したドキュメントには、その全課程を通してドキュメントを追跡するうえで役立つ情報を含む監査証跡が組み込まれています。この情報には、HelloSign によって生成された一意のドキュメント ID、送信者および受信者のメール アドレス、送信者および受信者の IP アドレスならびに追跡イベント(ドキュメントのアップロード、ドキュメントの閲覧、ドキュメントの削除、ドキュメントの送信、ドキュメントの署名、署名の辞退、署名者のメール アドレス更新、署名者のアクセス コードの認証、署名依頼のキャンセルなどのイベントが発生した時点の日付、時刻および場所)などが該当しますが、これに限定されません。

HelloSign API

  1. 1.   サービスの説明:HelloSign アプリケーション プログラミング インターフェース(以下「HelloSign API」)によって、お客様は HelloSign の電子署名ソリューションをアプリケーションまたはワークフローに簡単に埋め込むことができ、シンプルでブランド化された、シームレスなオンライン エクスペリエンスを実現でき、ユーザーはお客様の会社およびそのお客様またはそのいずれかとの間に、法的拘束力のある契約または取引を成立させることができます。
  2. 2.   認証:お客様が HelloSign API を用いてお客様のプロパティで埋め込み機能を有効にすることを選択した場合、お客様は、メールによる確認または、HelloSign が自身の裁量で承認できるその他の手段により、各署名者またはエンド ユーザーの身元を認証する必要があります。お客様は、かかる認証について単独で責任を負うものとし、かかる認証に関連するいかなる請求に対しても HelloSign を免責し、防御し、補償します。
  3. 3.   署名依頼:「署名依頼」は、お客様が新しい署名プロセスを開始し、HelloSign API に対してこれに対応する呼び出しを行ったときに発生する処理です。たとえば、「signature_request/send」を呼び出して署名をもらうためにドキュメントを送信すると、この処理は 1 回の署名依頼となります。全員が同じ契約の当事者である場合、1 回の署名依頼を使って複数の署名者から署名を集めることが可能であることにご留意ください。
  4. 4.   API キー:HelloSign API を使用する場合、お客様は登録プロセスを介して一意の API 認証情報(以下「API キー」)を取得する必要があります。お客様は、取得した API キーに関するすべての動作について、そのような動作の知識があるか否かにかかわらず、単独で責任を負います。お客様は、取得した API キーを第三者と共有してはならず、その API キーの安全性を確保し、HelloSign API にアクセスするためのお客様の唯一の手段として使用するものとします。
  5. 5.   トランザクション
  6.      a.   制限:お客様は、標準の API リクエストに対しては 1 分あたり最大 100 件、上位の API リクエストに対しては 1 分あたり最大 25 件のリクエストを実行できます。テスト モードでは、お客様は 1 分あたり 10 件のリクエストを実行できます。上記を総合して「トランザクション制限」といいます。トランザクション制限の引き上げをご希望の場合、営業部門までご連絡ください。
  7.      b.   レート制限:HelloSign は、他のお客様もしくは個人の方に対する損害もしくは責任を防止するため、または、HelloSign サービスのセキュリティ、安定性、可用性および整合性を維持するために、お客様による HelloSign API の使用を停止または制限する必要がある場合、かかる対応を求められることがあります。
  8. 6.   プロパティ:HelloSign が承認しているお客様のプロパティのみが、本サービスにアクセスし、これを使用することができます。HelloSign は、お客様が本規約および本利用規約に従っていることを保証することを含め、理由の如何を問わず、独自の裁量により、カスタマー プロパティを却下する権利を有します。さらに、お客様は、本契約の条項と一致するサービス規約およびプライバシー ポリシーがカスタマー プロパティに含まれていることを保証します。
  9. 7.   API 制限:お客様は、(a)HelloSign API と実質的に同じ機能を持つ API クライアントの生成、(b)カスタマー プロパティと無関係な目的での HelloSign API の利用、(c)HelloSign API のソースもしくは所有権の不当表示、または、著作権、商標その他知的財産権表示の削除、隠ぺいもしくは改ざん、著者帰属情報、法的通知その他、HelloSign API の起源もしくはソースの表示の改ざんもしくは削除、または、(d)HelloSign API、または HelloSign API や本サービスを提供するサーバーもしくはネットワークへの干渉または妨害を直接的または間接的に行わない(かつ、第三者に行わせない)ことに同意します。
  10. 8.   お客様のアプリケーション:お客様は、HelloSign API を使用して、お客様またはお客様のクライアントおよびそれぞれのエンド ユーザー(以下、総称して「お客様のアプリケーション」という)が使用するアプリケーションおよびサイト内署名エクスペリエンスまたはそのいずれかを開発することができます。お客様は、お客様のアプリケーションに単独で責任を負うものとし、ご自身が、a)顧客、クライアントおよびエンド ユーザーに対し、HelloSign が本サービスを提供することを承認する適用条件(プライバシー条件を含む)を提供し、かつ、b)ユーザーまたは署名者の情報(個人を特定することができる情報を含む)を HelloSign と共有する適正な権限および許可またはそのいずれかを有していることを保証します。

HelloWorks

  1. 1.   サービスの説明:HelloWorks は、高度なデータ妥当性検証、条件付きロジック、統合された電子署名、モバイルファースト設計によって、ドキュメント作成を簡素化するインテリジェントなワークフロー自動化サービスです。
  2. 2.   認証:HelloWorks 内で提供される電子署名機能を使って文書に署名する署名者は、HelloSign アカウントを持っているか、メール アカウントで署名依頼を受領している必要があります。
  3. 3.   トランザクション:HelloWorks の「トランザクション」は、お客様またはユーザーが HelloWorks ビジュアル インターフェース(現在の名称は「HelloWorks ビルダー」)からワークフローを開始したときに発生します。
  4. 4.   ワークフロー:「ワークフロー」は、利用されている複数のタスクまたはプロセスを組み合わせたものです。HelloWorks ビジュアル インターフェースを使用すると、ユーザーは複数のフォームとドキュメントを組み合わせることができ、これをエンド ユーザーが完了させる必要があります。ワークフローは、トランザクション作成の基盤です。ワークフローは開始されるとトランザクションとなります。
  5. 5.   エンド ユーザー/参加者:HelloWorks では、エンド ユーザー/参加者は、開始されたワークフローを受け取った個人であり、オンラインでフォームおよびドキュメントを作成する必要があります。

HelloWorks API

  1. 1.   サービスの説明:HelloWorks API を使用して、HelloSign のワークフロー自動化および電子署名ソリューションを任意のアプリケーションやワークフローと簡単に統合して埋め込むことで、お客様はシンプルでブランド化されたシームレスなオンライン エクスペリエンスを実現でき、ユーザーは複雑なワークフローを簡素化して法的拘束力のある契約および取引を完了できるようになります。
  2. 2.   認証:お客様が HelloWorks を用いてお客様のプロパティで埋め込み機能を有効にすることを選択した場合、お客様はメールによる確認、または HelloSign が自身の裁量で承認できるその他の手段により、各参加者/署名者/エンド ユーザーの身元を認証する必要があります。お客様は、かかる認証について単独で責任を負うものとし、かかる認証に関連するいかなる請求に対しても HelloSign を免責し、防御し、補償します。
  3. 3.   API キー:HelloWorks API を使用するには、お客様は登録プロセスを介して一意の API 認証情報(以下「API キー」)を取得する必要があります。お客様は、取得した API キーに関するすべての動作について、そのような動作の知識があるか否かにかかわらず、単独で責任を負います。お客様は、取得した API キーを第三者と共有してはならず、その API キーの安全性を確保し、HelloSign API にアクセスするためのお客様の唯一の手段として使用するものとします。
  4. 4.   トランザクション
         a.   定義:HelloWorks API トランザクションは、1)情報の収集および拡散またはそのいずれか、または、2)署名依頼のいずれかを開始するために API を使用することです。
    b.   制限:お客様は 1 時間あたり 500 件のリクエストを実行できます。テスト モードでは、お客様は 1 時間あたり 50 件のリクエストを実行できます。上記を総合して「トランザクション制限」といいます。トランザクションの制限引き上げをご希望の場合、HelloSign 営業部門までご連絡ください。
    c.   レート制限:HelloSign は、他のお客様もしくは個人の方に対する損害もしくは責任を防止するため、または、HelloSign サービスのセキュリティ、安定性、可用性および整合性を維持するために、お客様による HelloWorks API の使用を停止または制限する必要がある場合、かかる対応を求められることがあります。
  5. 5.   プロパティ:HelloSign が承認しているお客様のプロパティのみが、本サービスにアクセスし、これを使用することができます。HelloSign は、お客様が本契約または本利用規約に従っていることを保証することを含め、理由の如何を問わず、独自の裁量により、カスタマー プロパティを却下する権利を有します。さらに、お客様は、本契約の条項と一致するサービス規約または利用規約がカスタマー プロパティに含まれていることを保証します。
  6. 6.   API 制限:お客様は、(a)HelloWorks API と実質的に同じ機能を持つ API クライアントの生成、(b)カスタマー プロパティと無関係な目的での HelloWorks API の利用、(c)HelloWorks API のソースもしくは所有権の不当表示、または、著作権、商標その他知的財産権表示の削除、隠ぺいもしくは改ざん、著者帰属情報、法的通知その他、HelloWorks API の起源もしくはソースの表示の改ざんもしくは削除、または、(d)HelloWorks API または、HelloSign API もしくは本サービスを提供するサーバーもしくはネットワークへの干渉または妨害を直接的または間接的に行わない(かつ、第三者に行わせない)ことに同意します。
  7. 7.   お客様のアプリケーション:お客様は、HelloWorks API を使用して、お客様またはお客様のクライアントおよびそれぞれのエンド ユーザーが使用するアプリケーション(以下、総称して「お客様のアプリケーション」という)およびサイト内署名エクスペリエンスまたはそのいずれかを開発することができます。お客様は、お客様のアプリケーションに単独で責任を負うものとし、ご自身が、a)顧客およびエンド ユーザーに対し、HelloSign が本契約に基づいて本サービスを提供することを許可する適用条件(プライバシー条件を含む)を提供し、かつ、b)エンド ユーザーの情報を HelloSign と共有する適正な権限および許可またはそのいずれかを有していることを保証します。

HelloSign for Salesforce

  1. 1.   サービスの説明:HelloSign for Salesforce は、Salesforce のフィールドからのデータを使用することにより、お客様が電子署名用のドキュメントを迅速に準備し、相互のフォローアップを最小限に抑え、クライアントの署名プロセスを簡素化できる統合ソリューションです。
  2. 2.   適格性:お客様がこの統合ソリューションにアクセスするには、HelloSign Enterprise プラン(またはそれ以上のレベル)が必要です。お客様(またはその管理者)は、お客様の加入プランの制限内で、Salesforce 統合ソリューションにユーザーを追加できます。HelloSign for Salesforce は、Salesforce Classic と Salesforce Lightning Experience の両方で動作します。
  3. 3.   ドキュメント:署名されたすべてのドキュメントは、お客様の Salesforce インスタンスに保管されます。その後、署名されたドキュメントをデータベース/ドキュメントのレポジトリにダウンロードまたは転送することができます。
  4. 4.   サードパーティのコンテンツと製品:お客様は、HelloSign for Salesforce 統合ソリューションによって、お客様の HelloSign Service のインスタンスにアクセスでき、かつお客様データ(お客様の秘密情報を含む)をエクスポート、削除、またはその他の形で変更する可能性があるサードパーティのコンテンツと製品へのアクセスが可能になることを理解するものとします。
  5. 5.   免責:HelloSign は、サードパーティのコンテンツまたは製品(こうした品目が HelloSign によって「有効」であるか「検証済み」であるなどと指定されているか否かにかかわらず)を保証またはサポートせず、かつ、これらの品目および、お客様データの修正、削除、開示または収集を含めた HelloSign Service へのアクセスに対する一切の責任および義務を否認します。

サードパーティのインテグレーション/コネクタ

  1. 1.   サービスの説明:サードパーティのインテグレーションによって、お客様がすでに事業を強化するために用いているサービスと HelloSign を接続することができます。このようなインテグレーションの例として、Google(Gmail、Google Docs、Google Drive、およびG Suite)、Evernote、Hubspot CRM、Microsoft OneDrive、Oracle、Slack などがあります。
  2. 2.   適格性:HelloSign インテグレーションを使用するには、お客様が HelloSign の利用者であり、インテグレーションの使用を希望するサービスの利用者でもあることが条件となります。一部のインテグレーションでは、お客様がそのようなサービスの使用を承認し、HelloSign とサードパーティのサービスとの間でお客様の情報/データを転送することに同意すること、またはそのいずれかを行うことが必要になる場合があります。
  3. 3.   サードパーティのコンテンツと製品:お客様は、こうしたインテグレーション、サードパーティのサービスの使用、および、お客様が HelloSign とサードパーティのサービスとの間でデータを共有するための適正な権利および権限を有していることを確認することに対して、単独の責任を負います。お客様は、サードパーティのインテグレーションによって、お客様の HelloSign サービスのインスタンスにアクセスでき、かつお客様データ(お客様の秘密情報を含む)をエクスポート、削除、またはその他の形で変更する可能性があるサードパーティのコンテンツと製品へのアクセスが可能になることを理解するものとします。
  4. 4.   免責:HelloSign は、サードパーティの統合、サードパーティのコンテンツ、サードパーティの製品(こうした品目が HelloSign によって「有効」であるか「検証済み」であるなどと指定されているか否かにかかわらず)を保証または直接サポートせず、かつ、これらの品目および、お客様データの修正、削除、開示または収集を含めた HelloSign サービスへのアクセスに対する一切の責任および義務を否認します。

Hello Fax

  1. 1.   サービスの説明:HelloFax は、お客様がドキュメントのアップロードや管理を行い、オンラインでファクスの送受信や電子署名を実行できる電子ファクスサービスです。HelloFax は国際的にサービスを展開しており、現在、世界 70 か国以上に対応しています。
  2. 2.   アカウント情報:HelloFax のお客様は HelloSign に対し、氏名、請求先住所、お住まいの住所、支払い情報(クレジットカード番号を含む)、国民識別番号(該当する場合)を含み、これらに限定されない正確かつ最新の情報を提供する必要があります。HelloSign は、法的手続き、調査、または HelloSign の下請業者/サービス プロバイダーの求めにより、お客様またはそのユーザーの国民識別番号の写しを入手しなければならない場合があります。お客様は、HelloSign からの要請に応じ、関連するあらゆるアカウント情報をただちに提供し、かつ、HelloSign に対し、あらゆるアカウント情報、使用データ、位置データおよび IP アドレスを下請業者/サービス プロバイダーと共有することを明示的に許可します。HelloSign は、お客様のアカウント情報が古くなるか、または要請後ただちに提供されない場合、お客様のアカウントおよび HelloFax の使用またはそのいずれかを停止または終了する権利を有します。
  3. 3.   未承諾ファクスとスパム:未承諾のファクス広告を送信することは、米国では 1991 年の連邦電話消費者保護法(TCPA)、また欧州連合では 2003 年のプライバシーおよび電子通信規則に基づいて違法であり、その他にも多くの国、州および地域の法に基づいて違法とされています。HelloSign は、未承諾のファクス広告やスパムを送信した場合に、お客様による HelloFax の使用をただちに停止または終了する権利を有します。また HelloSign は、自身の単独の裁量によって、お客様による HelloFax および HelloSign の使用を監視する権利を有し、未承諾のファクス広告またはスパムとみなされるメッセージは送信しない場合があります。
  4. 4.   未承諾ファクスとスパムの報告:未承諾のファクス広告を受信したと思われる場合は、送信者に連絡してそのようなファクスの受信を希望しない旨を通知することをお勧めします。同時に、HelloSign が適宜調査できるよう HelloSign のカスタマー サポートにもご連絡ください。
  5. 5.   番号と移行:お客様は、HelloFax で使用する新しい番号を HelloSign から取得することができます。こうした番号の使用は空き状況によって可能となるものであり、HelloSign は、特定の番号がお客様に割り当てられることを保証しません。HelloSign はまた、以下の条件に従って、番号の移行(米国、英国およびカナダ)もサポートしています。
    a.   番号移行の申し込み手順
    i. お客様が電話番号を HelloSign に移行するためには、既存のサービスを有効な状態に維持する必要があります。
    ii. 移行申し込みフォームに必要事項を記入し、送信してください。
    iii. HelloSign は申し込みを受けた後、可能な限り速やかにお客様の番号を移行できるかどうかを検証して回答いたします。お客様の番号が移行可能な場合は、HelloSign からお送りする承認書フォームに必要事項のご記入をお願いします。お客様が番号をお持ちであることを証明するため、現在のプロバイダーから発行されたお客様の最新の請求書の写しも必要となります。
      iv. ドキュメントが両方とも送信された後、HelloSign は移行の申請を開始いたします。申請開始後、HelloSign からお客様に対して、有料加入プラン(料金のページをご覧ください)への署名をお願いし、その後で HelloSign のシステムによって一時的な番号が割り当てられます。承認後、お客様が割り当てられた番号を追加の月額料金(現在 $4.99)で保有するか、移行しようとしている番号と交換するかをお選びいただけます。
      v. 移行手続きが完了した後、HelloSign は移行された番号をお客様のアカウントに追加し、その時点で移行手数料(現在 $60)を決定します。
    vi.料金はすべて HelloFax と HelloSign の現時点での価格設定に従うものであり、随時更新される場合があります。
    b.   番号転出の手順お客様のアカウントに現在割り当てられているファクス番号を別のサービス プロバイダーへ移行するよう申請するには、かかるサービス プロバイダーの指示に従い、該当するサービス プロバイダー、HelloSign、その他の関連する第三者により求められるすべての情報を提供し、かつ協力する必要があります。アカウントに電話番号を移行する(またはアカウントから転出する)には、法および業界標準に準拠するため、HelloSign および他のサービス プロバイダー、またはそのいずれかに対して、お客様の特定の詳細情報を提供すること、および、法および業界標準に準拠するため、他のサービス プロバイダーまたは HelloSign から課される手続きが必要になります。したがって、番号移行申請の完了は、お客様および他のサービス プロバイダーまたはそのいずれかに起因する遅延など、HelloSign の管理外の要因による場合があります。
     c.   許可されていない転出:HelloSign は、有効な移行申し込みに応じることを法律で義務付けられています。電話番号は、第三者の行為または不作為によりアカウントから転出される可能性があり、(i)このような転出を防ぐこと、(ii)アカウントから転出された番号を再取得すること、または(iii)当該の番号をアカウントに戻すことは、HelloSign にとって困難または不可能である可能性があります。HelloSign は、当該の転出に起因する一切の責任を負いません。
    d.   正確な移行の情報:お客様は、HelloFax サービスとの番号移行のリクエストに関連して、お客様またはその代理として、もしくはその指示に従って行為する主体によって提供されるすべての情報(委任状の情報または表明を含むが、これに限定されない)が、真実、正確かつ最新であることを表明し保証します。
    e.   移行の法規に関するお客様の遵守:番号の移行は、通信その他の法の対象であり、かつ第三者の利用規約の対象となる場合があります。お客様およびお客様を代理して行為する主体は、以下を行ってはなりません。(i)適用法に違反するか、移行に関連した申請または行為において詐欺または不正な行為に従事すること。(ii)最初に適正で必要な同意および承認を得ることなく、「スラミング」に関与する、もしくはこれを推進すること、または当事者のファクス番号を転出すること、もしくは電話サービス プロバイダーを変更することや、そのように試みること。(iii)サービス プロバイダー、その他の第三者の契約上、またはその他の義務に違反すること。
     f.   番号の解除:アカウントが終了または解約された場合、そのアカウントに関連し、別のプロバイダーに事前に移行されていない番号はすべて解除されることがあります。個々の回線を解約すると、関連付けられた番号は、事前に別のプロバイダーに移行されていない場合、解除されることがあります。お客様は、HelloFax その他の HelloSign サービス、または個々の回線を終了または解約する前に、新しいサードパーティ プロバイダーと協力して番号を転出する責任を単独で負います。

HelloFax API

  1. 1.   HelloFax API により、お客様は HelloSign の電子ファクス ソリューションをアプリケーションまたはウェブサイトに簡単に統合することができます。
  2. 2.   認証:お客様が HelloFax API を用いてカスタマー プロパティで統合機能を有効にするよう選択した場合、お客様は、メールでの確認または、HelloSign が承認するその他の手段により、各エンド ユーザー/送信者の身元を認証する必要があります。お客様は、かかる認証について単独で責任を負うものとし、かかる認証に関連するいかなる請求に対しても HelloSign を免責し、防御し、補償します。
  3. 3.   API キー:HelloFax API を使用する場合、お客様は登録プロセスを介して一意の API 認証情報(以下「API キー」)を取得する必要があります。お客様は、取得した API キーに関するすべての動作について、そのような動作の知識があるか否かにかかわらず、単独で責任を負います。お客様は、取得した API キーを第三者と共有してはならず、その API キーの安全性を確保し、HelloFax API にアクセスするためのお客様の唯一の手段として使用するものとします。
  4. 4.   トランザクション
         a.   制限:お客様は、1 日あたり 200 件のファクス保留リクエストを実施できます。ファクス リクエストの制限引き上げをご希望の場合、HelloSign 営業部門までご連絡ください。
    b.   レート制限:HelloSign は、他のお客様もしくは個人の方に対する損害もしくは責任を防止するため、または、サービスのセキュリティ、安定性、可用性および整合性を維持するために、お客様による HelloFax API の使用を停止または制限する必要がある場合、これを行うよう求められることがあります。
  5. 5.   プロパティ:HelloSign が承認しているお客様のプロパティのみが、本サービスにアクセスし、これを使用することができます。HelloSign は、お客様が本契約または利用目的に関する制限に従っていることを保証することを含め、理由の如何を問わず、独自の裁量により、カスタマー プロパティを却下する権利を有します。さらに、お客様は、本契約の条項と一致するサービス規約または利用規約がカスタマー プロパティに含まれていることを保証します。
  6. 6.   API 制限:お客様は、(a)HelloFax API と実質的に同じ機能を持つ API クライアントの生成、(b)カスタマー プロパティと無関係な目的でのHelloFax API の利用、(c)HelloFax API のソースもしくは所有権の不当表示、または、著作権、商標その他知的財産権表示の削除、隠ぺいもしくは改ざん、著者帰属情報、法的通知その他、HelloFax API の起源もしくはソースの表示の改ざんもしくは削除、または、(d)HelloFax API、または HelloFax API もしくは本サービスを提供するサーバーもしくはネットワークへの干渉または妨害を直接的または間接的に行わない(かつ、第三者に行わせない)ことに同意します。
  7. 7.   お客様のアプリケーション:お客様は、HelloFax API を使用して、お客様またはお客様のクライアントおよびそれぞれのエンド ユーザーが使用するアプリケーション(以下、総称して「お客様のアプリケーション」という)を開発することができます。お客様は、お客様のアプリケーションに単独で責任を負うものとし、ご自身が、a)顧客およびエンド ユーザーに対し、HelloSign が本契約に基づいて本サービスを提供することを許可する適用条件(プライバシー条件を含む)を提供し、かつ、b)エンド ユーザーの情報を HelloSign と共有する適正な権限および許可またはそのいずれかを有していることを保証します。