権限設定

HelloSign は、お客様データのセキュリティとプライバシーを最優先します。

システム内で誰が何を実行できるかを制御できることが不可欠です。HelloSign API でもエンド ユーザーの製品でも、異なる役割には異なるアクセス権が付与されます。たとえば、管理者はチーム全体の設定、請求情報および他者の役割を管理します。

  • ロールベースのセキュリティ:管理者権限から、テンプレートの閲覧や署名依頼発行の権限のみを持つメンバーまで、チームのメンバーごとにレベルの異なる権限を付与できます。
  • 署名者固有のアクセス コード:追加のセキュリティ レイヤーとして署名を求められる個人に割り当てることができます。